先頭に戻る

水素風呂と温泉を比較!どちらが良い?

MENU
赤ちゃん

 

入浴で健康な体作りをしたいと思っていませんか?
入浴で美肌を手に入れたいと思っていませんか?

 

近年、健康や美容目的の入浴方法として人気の水素風呂☆
若い人からお年寄りまで男女関係なく、水素風呂の効果に興味を持ち常に愛用している方も大勢います。

 

そんな水素風呂ですが…
古くから健康や美肌に良いとされる温泉と、どう違うのでしょうか?
また、どっちの方が効果が良いのでしょうか?

 

ここでは、そんな水素風呂と温泉の特徴や、メリット&デメリットなどについて紹介したいと思います。

 

水素風呂と温泉の特徴

水素風呂と温泉の特徴についてまとめてみました。

 

水素風呂の特徴

水素風呂の血流促進効果は、すでに研究で実証されています。

 

水素風呂に入ることで、体内に水素が吸収され全身の血行を良くし、代謝を促進してくれます。

 

また、体内に吸い込まれた水素の働きで、悪玉活性酸素が除去され、善玉菌の活動が活発になります。

 

悪玉菌が減って善玉菌が増えることで、体内のさびたり・傷ついたりしていた細胞が修復され本来の働きをするようになるので、再び若々しい体を作ってくれます。

 

つまり、体内から理想のエイジング効果が得られるということです!

 

世界一小さい分子である水素だからこそ、皮膚や鼻から簡単に吸収されて、全身をめぐりやすいのです。

 

 

そんな水素のエイジング効果は医療現場でも大いに注目され、現在は悪玉活性酸素が原因のがん治療の研究にも活用されています。

 

温泉浴の特徴

温泉とは地中から湧き出す湯のことで、その湯を入浴施設に取り入れ人口温泉や天然温泉として利用しているのが温泉浴です。

 

その温泉の種類は大きく分けて2つあります。

  1. 火山の地下にあるマグマを熱源とする火山性温泉
  2. 火山とは関係のない非火山性温泉

 

もちろん、それぞれに入っている成分や、色・臭い・効能などは違います。

 

実は、日本には温泉法という法律があることをご存知でしょうか?
そこには湯の温度に関係なく、普通の水とは違う天然の特殊な鉱水やガスが湧き出る湯を温泉として認めています。

 

ちなみに、アメリカでは21.1度の湯を温泉として認め、ドイツでは20度以上の湯を温泉として定義しているようです。

 

 

そんな温泉には様々な機能があり、温泉に入ることで体を温めたり・肌の保湿を高めたり、皮膚病の改善などが期待できるのです。

 

水素風呂と温泉のメリット&デメリット

花弁を浮かべた湯船

 

水素風呂と温泉のメリット&デメリットについてまとめてみました。

 

水素風呂のメリット&デメリット

●メリット
◎通常のお湯より、体が芯から温まる
◎血流を促進
◎冷え性が解消
◎体の代謝が上がる
◎温泉より美肌効果が高い
◎不眠症を解消し、睡眠質を高める
◎肩こりや、むくみを解消
◎悪玉活性酸素を減らし、アンチエイジング効果がある

 

▲デメリット
△まだ費用が高い
△湯船が苦手な方は効果が得られにくい

 

水素風呂は、水素水を飲むのが苦手な方や、自宅入浴で簡単に健康&美肌を手に入れたい方におススメです(*’▽’)

スパーレ
公式サイトはこちら

 

温泉浴のメリット&デメリット

●メリット
◎体の疲れが取れる
◎リラックス効果
◎血行促進
◎代謝アップ
◎筋肉痛や、関節痛を和らげる
◎美肌効果

 

▲デメリット
△温泉地に通う必要がある
△熱いお湯が苦手な方には効果が期待できない

 

水素風呂と同じ効果もありますが、肩や筋肉の痛みを改善したい方や、ツルスベ美肌を手に入れたい方におススメです(*’▽’)

 

水素風呂と温泉浴どっちがおススメ?

美女

 

水素風呂も温泉も、湯船が好きな方におススメです♪

 

その効果は似ている部分もたくさんありますが、基本的な違いは以下の通りです。
水素風呂は、体内から健康&美肌を作りエイジング効果が高い

 

温泉浴は、体の表面の痛み改善や美肌作りに効果的

 

 

とはいっても、水素を作り出して水素風呂を作るマシーンはまだ料金が高く、温泉も温泉地まで通う必要があるため、誰もが好きな時に好きなお風呂に入れるとは限りません!

 

そんな時におススメなのが、入浴剤♪
今や、水素風呂も温泉も自宅で楽しめる入浴剤がたくさん販売されているので、忙しい方も好きな時に簡単に入浴効果を高めることができるのです(*’▽’)

 

「自宅で水素風呂に入りたいけど、水素発生器は高くて買えない」と言う方は、手ごろな値段の水素入浴剤を使ってみてはいかがでしょうか。

わたしの水素風呂
公式サイトはこちら