先頭に戻る

家庭用水素風呂を使うのは危険?

MENU

花びらを浮かべたお風呂

特別な施設に行かなくても、毎日自宅で水素風呂に入れる!
これって、天国ですよね!

 

でも、素人が水素発生器を使って危険はないのでしょうか?

 

水素は安全な元素です

湯上りの女性

まず、水素発生器で生産される水素ですが、人体に害のない元素です。

 

二酸化炭素や一酸化炭素のように、吸い込むことで死に至るような危険なガスでもありません。

 

水素は空気中にも0.5ppm含まれています。
日常的に吸い込んでいる気体です。

 

水素水や水素風呂で水素を通常より多く摂取しても、危険はありません。
子供や動物が触れたり吸たりしても安全な気体なので、家族がいる方も心配いりません。

 

危険なのは水素爆発

危険注意マーク

空気中の水素濃度が4〜75%まで上昇し、火が付くと爆発します。
水素の危険性として、まず注意するべきなのが爆発についてでしょう。

 

ただし、この条件は日常生活では起こり得ません。
例外として、東関東大震災の際に、福島原発が起こしたとされる水素爆発は、放射線物質を外部に漏らさないように気密性の高い構造にしていたため、水素の逃げ道がなくなり爆発が起こったと言われています。

 

空気中の水素0.5ppmとは、0.0005%のことです。
水素爆発が起こる加減の4%は8,000倍の濃度です。
4%と言う数字だけを見るとすぐに超えてしまう気がしますが、実はかなり増やさないと4%を超えることはありません。

 

したがって、家庭用水素発生器を使用しても、爆発の危険はありません。
もし、どうしても心配な場合は、室内が密閉状態にならないように換気をしながら使用しましょう。